のぼりの効果をどう判断するのか

のぼりのサイズは600mm×1800mm程度のものが広く使われています。

若干小さなものでは450mm×1800mmや450mm×1500mm程度ののぼりもありますが、利用は小さなサイズより大きなサイズに向かっています。

700mm×2000mmや900mm×2700mmなど、設置を安全に行えるならば、少しでも大きく出来るのぼりにするのがいいでしょう。

のぼりはまず目立つことが最初の目的です、目立たないのぼりは立てる意味がありません。

お店を認知してもらい、お店の中に入ってもらうのがのぼりの役割です。

お店を認知してもらってもすぐにお店に入ってもらえなければ、お店に入ってもらえない理由があるはずです。

そういった理由を推理するのがのぼりを作る際のポイントになります。

のぼりは最初に立ててから、のぼりの効果をどう判断していくのかが大切なのです。